ごあいさつ

病院に「生きづらい科」はありません。ってことは、特効薬もエビデンスの確立した情報もありません。自分の生きづらさは自分でどうにかするしかないのです。「いきづらいいとも!」があなたの生きづらさ解消の手がかりになれれば幸いです。

あなたの生きづらさが、誰かの生きづらさ解消につながります。吐き出すだけでも軽くなります。ぜひ「あなたの生きづらさ」をお寄せ下さい。

お問い合わせページへ

ごっつ世代が憂う、政治論客風なダウンタウン松ちゃん(松本人志さん)との寄り添い方

週刊金曜日の松本人志特集の表紙 中年

どうも、ごっつ世代の高校中退、生きづらさ丸出し中年、鈴木やすむです。

つい先日、週間金曜日という雑誌を読みました。

画像の通り、ダウンタウンの松ちゃんこと松本人志さんが表紙だったからです。

内容はまぁ近年の(主にフジテレビ「ワイドナショー」内での)松ちゃんの政治的な発言のアレコレについてアレコレ言うって感じでした。

意見はどっちでもいい

賛成とか反対とかはべつにどっちでもいいんですけど、私が思うに、こんな特集にされるほど反感買うってことは、なんかこれまでにない理由があるんではないかと。

いやね、ダウンタウンで育ってる(おかげでずいぶん生きづらい)私なんかは、ごっつええ感じの終盤から若干の違和感を感じ始めて、ビジュアルバムではけっこう満足したものの、それが終わった辺りから、「ン?なんだかなぁ・・・」みたいな気持ちになることがだいぶ増えて、MHKで期待することを完全に諦めたんですね。

理由は “同じもの(か、それ以下のもの)しか出てこない” から。

信用したいごっつ世代ゆえの切なさ

そんなワケで、お笑い的には10年以上前から「もういいや」って思ってますけど、なんですかね、基本的なモノの考え方とかってのは、そう揺らぐものでもないというか、その感覚であの笑い作ってたんなら間違いないだろうって、そこ以外無条件で人として信用してるんですよね。

で、今回の特集読むと、なんか今までの、いわゆる週刊誌のゴシップ感覚で受け流しにくい気がしました。

政治を分かっていない私からしても、多分松ちゃん自身それほど深いところまで理解して言ってないっぽいな~ってのがなんとなく見えるんですよね。

「公共」より「ヒップホップダンス」より「政治」と「お金」を義務教育で必修科目にしようや
どうも、祖父が都内の総合病院の創設者&院長だったというのにツルッと高校中退、鈴木やすむです。いつからか、ただ生きることに悩みや苦しみがお得なセットになってついてくるようになったわが祖国ニッポン。理由は山ほどあるんでしょうけど...

で、そこを突かれてる。

松ちゃんのピントが年々ズレてるんではないかというのが、私の感じたところです。

お笑いでは圧倒的な実績がありますから、多少のズレは力技でなんとでもなるでしょう(でもオリラジあっちゃんみたいな例が出てきたのは予兆ですよね多分)。

中田敦彦、「禁断の」松本人志批判騒動が一瞬で完全収束の裏事情
「(吉本興業の)幹部と社長に、今僕は『謝れ』と言われている。僕の意志としては謝らない。僕も覚悟を持ってやってますので。すごいんですよ、騒ぎ方が。会社と先輩と」 …

こと政治に関しては、(見る人が見れば)そのズレが丸出しなんだろうなぁと。

加齢による「精神的老眼」としよう

私の導き出した結論は「精神的老眼」です。

やっぱり切ないですわね。あれだけ色んな “人に見えないもの” が見えていた人が、見えていないことで(一部とはいえ)世の中から、ただの妬みでなく反感買う(今ならまだ「松ちゃん、それちょっと違うよ、ズレてるよ」って教えてくれてるぐらいの雰囲気かも)とこまで来てしまってるってのは。。

ハイ、そんなことを思いました。

じゃ、バイナ〜!

コメント