ごあいさつ

病院に「生きづらい科」はありません。ってことは、特効薬もエビデンスの確立した情報もありません。自分の生きづらさは自分でどうにかするしかないのです。「いきづらいいとも!」があなたの生きづらさ解消の手がかりになれれば幸いです。

あなたの生きづらさが、誰かの生きづらさ解消につながります。吐き出すだけでも軽くなります。ぜひ「あなたの生きづらさ」をお寄せ下さい。

お問い合わせページへ

2018-08

スポンサーリンク
生きづらさ

【老害対策】頑固で陰険な老人との口論ストレスをリリースする方法 〜実録・掃除のジジイとの口喧嘩!〜

どうも、ビルの受付係、鈴木やすむ41歳です。 同じビルで働く清掃係のジイさんと口論になり、ムカムカしながらもそんなくだらないストレスをうまくやり過ごすことができました。 人間関係のいろんな場面に応用できる内容になってますので、ジ...
健康

指の骨折「突き指かな」の自己判断で放置は後遺症の元!左手中指の第二関節骨折の状況と経過

どうも、バック転の失敗で左手(利き手)の中指第二関節を骨折した鈴木やすむです。 人生初骨折で、判断を誤ったり、分からないことや不安もありまくりだったので、私と同じようにバック転の失敗で骨折してしまった多くの方のために記録しておきます!...
スポンサーリンク