ごあいさつ

病院に「生きづらい科」はありません。ってことは、特効薬もエビデンスの確立した情報もありません。自分の生きづらさは自分でどうにかするしかないのです。「いきづらいいとも!」があなたの生きづらさ解消の手がかりになれれば幸いです。

あなたの生きづらさが、誰かの生きづらさ解消につながります。吐き出すだけでも軽くなります。ぜひ「あなたの生きづらさ」をお寄せ下さい。

お問い合わせページへ

2018-11

スポンサーリンク
生きづらさ

なんとなく生きづらい人が日本社会に蔓延してることが大問題。生きづらさは程度の問題ではない。

どうも、いつもなんとなく生きづらい鈴木やすむです。 「生きづらいいとも!」にリニューアルして半年ほど、テーマをひとつに絞って見えてきたことがあります。 それは、自分より生きづらい人たちが山ほどいるということです。 と同時に...
スポンサーリンク