ビルの受付の画像

実践ダウンシフト!納期や成果物を求められない働き方へ。生きづらいアラフォーダウンシフターのお仕事

高校中退、手に職なしの妻子あり(娘7歳、息子3歳)、鈴木よそじです。

二ヶ月半ほどの無職期間を経て、この度ようやく職にありつけました。

前職のWEBコンサルタント見習いから、ビルの受付のおじさんへの転身です。

実践ダウンシフト!

ということで、人生先取りの “初老デビュー” となります。

就業にあたっての私サイドからの条件は、

  • 土日祝日休み
  • なるべく残業なし(そんな空気さえあれば少しぐらいあってもいい)
  • 通勤はチャリンコ30分圏内

この3つの重要度が高いです。

私個人というよりは、(子どもの小さいうちは特に)家族との時間をできるだけ多くとりたいという願いからです。

ま、もはや一人だったとしてもそう大きくはかわりませんかね。

職種は基本なんでもいいです。

ただ、若手の中年ともなってくると、 “バリバリやっていない” というだけで何にせよ哀愁が漂います。

なので、日常清掃や学校の用務員さんあたりは、まだちょっと手出ししづらい気分です。

あと体力勝負な仕事も、将来というより今の時点でけっこう厳しいです。

ここまでで見えてきたこと。
「仕事以外の時間を大切にしたい」ということですね。通勤チャリンコ(=満員電車ヤダ)、とか通勤時間短く、とかもそう。

この記事でも似たようなことを訴えてますハイ →「アナタの普通はワタシの普通」な世の中で生きていく辛さ。からさではなくつらさ。

職種にしても給料にしても、自分の中でのフワッとした基準で哀しくならない程度ならいい。

受付のおじさんの労働条件

この度の “受付のおじさん” の労働条件。

  • 土日祝日休み
  • 残業なしの定時5時。のかわりに朝が7時半
  • 通勤チャリンコ20分
  • 給料手取り20万

基本立ち仕事なので足は疲れますが、勤務時間中にブログのネタを考えて下書きまでできるという、今の私にとって大きなメリットもあります。

しかし、絶妙なる哀しみとのせめぎ合いを繰り広げていることも事実。

果たして、まだまだ働き盛りの二児の父が、行ったり来たりする人々にあいさつを繰り返すだけの受付のおじさんでいいのか?

現役の若手中年が初老の方々向けの仕事を奪っていいのか?

ダウンシフトなんて言ってみたけど、それってもっとエリートな人たちが、(人並み以上の)収入が減ってもいいから社畜的なムチャな働き方やめようってのがそもそもで、こんなに現実味のあるレベルだと、 “ただ必死に生きてる” だけじゃないのか?

収入がどうこうって、自分の履歴書じゃどんな仕事しようとしても手取り20万前後がいいとこだから!

などなど、行ったり来たりする人々にあいさつを繰り返す数と同じだけ、自問自答を繰り返しています。

がしかし!(この二ヶ月半の間といえども)こちらの求める条件下で私を雇った会社がココだけってことは、どうあれお前の能力で任せられる仕事は “あいさつ” だけだよ。ってのが真実でもあるワケです。

生きづらさにもがくオジさんが救われた本

そんなことをグルグル考えている最中、ええ、モナカではなくサナカ。

図書館で何気なく手に取った本に意外なほど救われましたよ。

考え方はどのように考えることも自由です。考え方にゆがみも正しさもないと言えます。ただその考え方があなたを苦しめ、やる気を失わせ、疲れさせ、他人と会いたくない ような気持ちを持たせるなら、そしてあなたがその気持ち、気分から逃れたいと思うなら、その考え方はゆがんでいると言えるでしょう。

【40歳からの「バカになれる脳」の鍛え方】

私の中で、ほとんどの問題ってコレそのものですもの。

キヨスクで売ってそうな、安っぽいタイトルと見た目ですが、中身は大変本質的な本でした。「こうやって鍛えよう!」みたいな役立たずなのでもないですから。「40歳から」でなく、悩みやすい人は読んだ方がいいです。

【40歳からの「バカになれる脳」の鍛え方】

自分の考えが自分を追い込んでいることに気づく

コレやだアレやだって言うだけ言って、そのための努力とか忍耐は避ける。それじゃあやっぱり片づかないわね、心の中。

あなたの考え方があなたの感情を作りだしているのですから、あなたの考え方が正しければあなたの感情は間違いないもの、つまり悲しんだり、苦しんだり、不安に思ったりするのが当然ですが、もしあなたの考え方が時代に適応していないなら、あなたの感情は正しくないのです。

【40歳からの「バカになれる脳」の鍛え方】

この通り、今を気持ちよく過ごすには、ゆがんだテメーの考えを改めるしかないですよと。

なんかスーッとなります。

起こった出来事そのものが自分を悩ませてるワケではなくて、起こった出来事に対してそう感じる(判断・反応してしまう)テメーの考え方が原因なんだよと。

まわりがどうこうでもなければ、自分の状況(現実)がどうこうでもなく、世の中が生きづらいと感じるのはそんな自分の考え方が原因で、その考え方を、今いる世の中にマッチさせるしかない。

これはべつに、オリジナリティを排除せよとか右にならえとかでもなく、自分を悩ませているのは他の誰でもなく、まわりの環境でもなく自分自身で、それを解消するには自分を悩ませている自分の考え方をまず突き止めて、そして改めるべきであると。

ソレって考え続けても解決しなくない?

ここで一瞬止まるのは、オレがおかしいの?!みたいな思考。

いったん冷静になりましょう。正解不正解ではない
と私は捉えます。

いきなり考え方を変えろなんてのは、土台ムリな話です。

考え方を変えるのではなく、まず考えることをやめるんです。

ゆがめられた考え方に固執すると、それにより結論を得ようとして考え、ついに疲れてしまうのです。そこでもう一度ゆがめられた考え方を点検してみましょう。そこには結論の出ない考え方をしているという特徴があります。

【40歳からの「バカになれる脳」の鍛え方】

冷静になって、 いくらコレを考えたところでなんにも解決しないし苦しいだけなことを自分の頭の中からピックアップして、 “コレ考えても意味ない!” ってことを自分に理解させて、考えるのをやめましょう。

考えてもしゃーないことを考えない。ように心がける。

私はこれだけでだいぶ楽になってます。

さて、ダウンシフトがどうってゆーか、すっかりセルフお悩み相談のコーナーとなりました。

最後に前任者をご紹介しておきます。この人を見ているとあーだこーだ悩む自分がバカらしくなります。→ とある理由で解雇されたヒノキカワさん(仮名)が残した言葉 ~ビル受付係の前任者を偲んで~

最後の最後に、ダウンシフトってナニよ?って方に以下オススメしておきます。

【減速して自由に生きる: ダウンシフターズ (ちくま文庫)】

こっちはもっと気楽になれます。↓

【年収90万円で東京ハッピーライフ】

でもまぁ、悩んじゃう人、考えちゃう人ってつきまとうと思うんです、こーゆーの。

とにもかくにも、人生って難しいアルネ!(急に中国人)

以上!

※今の「人生って難しい」ってのを勝手に感じてしまう自分に気づいて、いったんストップかけるワケです。自分の考え方に。正解を探したりせず、ただ止める。それだけ。

はい、バイナラーッ!!

 

《スポンサーリンク》
【お気に召して頂けましたら↓モロモロ↓お願い致します~】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です