すべきは感染対策でなく「重症化対策」と「微生物への理解」【新型コロナウィルス】

微生物には微生物を【明るい未来のための新型コロナウィルス対策】のアイキャッチ画像 健康

もうきっとこれまでの「フツーの毎日」は戻ってきません。

まぁそれはしゃあないかなと思ってます。

ただひとつ気になるのは、今回の新型コロナウィルス含め、目に見えない微生物に対する人間の意識です(※分類上、ウィルスは生物ではないとされてますが、人間側の定義はその辺に置いときます)。

ウィルスと「戦い」続ける限りコロナ生活は終わらない

新型コロナウィルスに限った話ではなく、ウィルスや菌など、目に見えない微生物に対する人間たちのふるまいがヒジョ~に気になる。

国家のリーダーも、多くの専門家みたいな人も、ものすごく頭のいい人も、だいたい(まさに)見えてない。

かなり普通に通っている「ウィルスとの戦い」って表現。

ここに疑問を感じない限り、まぁこんなようなことを繰り返しながら、思ったより早く人類は衰退していくと思います。

ウィルスの目的は人間を殺すことでなくて、ただ生きることです(しつこいですけど、生き物でないという定義は無視で)。

人もウイルスも目的は「生きること」

『森林伐採を繰り返してたら、クマが人里に現れて、出くわしたおじいさんを殺しちゃった』

これどう思います?

クマ皆殺しにします?

今やってる対策のひとつ、「殺菌」ってのそれですよね?

人間が必要以上に自然に手を加えなければ、誰にもなんにも影響せず、お互い平和に暮らせてませんか?

生きることが目的の人間も、生きることが目的のクマも。

ウィルスも細菌も寄生虫も、目的は「生きること」なんです。

ってことは、「ウィルスが生きること」のジャマを、人間がしてるんですって。

そこに気づかないっつーか気づかないフリして、人間が正義、ウィルスを悪者扱いする限り今は続きます。

見えるか見えないかの違いだけで、動物とは仲良く、ウィルスや細菌は殺すんでしょ?

殺すから殺されるんですよ。

このパンデミックは自業自得で、「ウィルスやっつけろ」ではなく、自分たちの行いを反省して改めるべき時なんです。

調子に乗りすぎたんですって、人間。

すべての生き物にとって「共生」が生きるための答え

地球上のすべての種の生き物がそれぞれの目的を果たすために目指すものってのは「共生」です。

共に生きる!

人間も動物も虫も植物もウィルスも細菌も寄生虫も。

まぁ説教臭い話は短めにして、じゃあどうするか。

あ、でももうちょっと。

あのね、皆さん今の生活続けたいですか?

店がずーっと閉まってて、お出かけもできず、人と会うこともはばかられ、アートやエンタメは「なくてもいいもの」扱いされ、たまの外出でマスクしてなけりゃ白い目で見られるっていう生活。

面倒臭さもそうですけど、一番キツいのは「人間の目」ですよね。

コロナを憎めば人間同士が憎み合うことになる

でね、今すでにコロナ差別だの自粛警察だのありますけど、この方向に進めば進むほど、どんどんそれがキツくなるワケですよ。

どこに行っても「ようこそ!」って言ってくれるのは50年前からある看板だけ。

「こっち来るなよこのウィルス野郎!」ってのが、現地の人の心の中。

外国も同じ。

外国なんか、これからはもう行くだけでも膨大な労力が必要になるであろう上、歓迎もされない。

今だけならまだいいですよ。

でも、多くの国が今の方向に進むなら、原則ずーっとそれなんですって。

ウィルスを気にして、他人の目や考え方のちがいを気にして。

「今咳したアイツ、コロナじゃないか?」

「マスクしないで話しかけるなよ!」

コレずーっとやってくの?って。

一ヶ月二ヶ月で収束するもんじゃないって、もう実感してるでしょ?

「憎しみ増幅ワールド」です。

コレ皮肉なもんで、ウィルスを「生き物ではない」と定義している以上、人間が怯え憎む「生命体としての対象」は、ウィルスに感染する可能性のある人間、つまり「すべての人間」となるのですハイ。

アイツもコイツもコロナかもって。

ウィルスに怯え続けて生きるか健康になるか

で、こういうのをだいたいクリアできる方法はひとつ。

みんな「健康」になること。

ここで「出た出た」みたいな呆れ笑い浮かべてる人は、(守られてると思いながら)一生マスクで、(守ってると思いながら)除菌殺菌をくり返し、(他人はコロナだと疑いながら)人との接触を避けて、(ウイルスでないものの感染には無防備に)流れてくるニュースに流されながら死んでいくしかないんですよ。

結果感染してなくてもそんな人生楽しくなくない?

さて、そろそろこんなことばっかり言うのやめましょうね。

微生物には微生物を。プロバイオティクスサプリを飲むだけ

とりあえず一番かんたんな、最低限死なない方法教えます。

あ、一応言っておきますけど、健康オタクのおじさんが言ってるだけのことなので、モロモロ自分で考える作業はお忘れなきよう。

では。

「乳酸菌とかビフィズス菌のサプリメントを摂る」

微生物には微生物を。

微生物同士で協調しながら共生してもらうように促すのが、知恵のある人間にできることです。

ビオフェルミンでもミヤリサンでもビオスリーでもロイテリ菌でも(そういう、人間に有益な作用のある菌のことをプロバイオティクスといいます)。

もっと気にしたい人ならiherbでできるだけ菌の種類とか総数が多いやつ探すとか。

記事下にまとめてリンク貼っときますので、見てみて下さい。

人間にとってよい作用のある菌が、(いくつかでも)分かってるってのはヒジョ~に大きな救いですよ。

先人に感謝しかない。

日本のプロバイオティクスサプリなら、とりあえずしばらくは決められた数の倍量で飲んだ方がいい。

皆さん身に染みてるでしょうけど、日本はケチ(マスク2枚)ですから、菌の数とかケチるんです。

せっかく健康のためになる菌を見つけても、国民の健康でなく企業の利益に変わります。

ヤクルトとか、R-1とか、○○菌入り飲料とかヨーグルト、お菓子なんかは、菌の有益性よりもそれ以外の成分がむしろ害になるのでやめましょう。

重症化しなければ今までどおりのただの風邪

かんたんな話、「人間にとって有益な作用のある菌中心の体」になっていれば、それ以外の微生物の居場所はあってもわずかであって、人間を殺すほどの影響力はないワケです。

言い換えれば、「現代の当たり前の(主に)食生活」は、ウィルスに対する「死のリスク」を抱えるものになったってことです。

こんなもんは、専門家でなくたって、ちょっと体感してちょっと知れば分かることです。

藤田紘一郎医師あたりがしっかり声を上げてほしいものですが。

とまぁ、とりあえずプロバイオティクスサプリ飲んでおけば感染して重症化ってきっとなりませんから(※難しい病気抱えてたりするとどうか分かりませんがあくまで一般論として)。

言い出せば、ナイアシンとかビタミンCとかいくらでも大切な栄養素は出てきます。

でも、ひとまず死ぬことや重症化の心配さえなけりゃ、最低限プロバイオティクスサプリだけ摂って、これまで通りコロナは風邪のウィルスのひとつ扱いでいいんです。

それが「共生」なんです。

今までだってインフルエンザとか、なんなら風邪をこじらせて死ぬ人もたまにはいるワケで、要は(いい意味での)これまでの認識に戻れるってことです。

てゆーか、そうしていかなきゃホントにずーーーっとこの生活するしかないんだから。

一択ならバイオガイアのロイテリ菌タブレット

のどから感染しやすいってのを考えると、ロイテリ菌のタブレットを口に含んで寝るってのがいいと思う。

私自身、数ヶ月の間バイオガイアのロイテリ菌を寝る時に口に入れて摂ってましたけど、花粉症と坐骨神経痛が軽くなるのと、気分が明るくなるっつー、代表的な「私の気になってること」全部に明確にいい作用がありました。

摂取し続けないといけないとなると経済的にちょっとなってので、ひとまず今は摂ってないですけど、健康の模索に行き詰まったりしたら、サプリは全部やめてロイテリ菌だけ摂り続けようかなと思ってるぐらいです。

個人でかんたんにできることで、新型コロナパンデミックで死なない&過度に不安にならない方法が以上です。

世界が「新型コロナ以前」に戻るために

社会としても同じなんですけど、まぁこっからは願望です。

もうね、お金の話は何を訴えてもどうにもなりそうもないのでやめましょう。

せめて「できるだけ元の世の中に戻る」ことだけ。

この蔓延する「不安」が続く限り、世界中のみんながディストピアに向かい続けるだけの未来になっちゃう。

人とのつながりやふれあいには絶えずリスクがつきまとい、都市封鎖とか、マスクとか、殺菌とか、そんなことが常識になる世界で生きていくのヤじゃない?

今の方向のままなら、それを受け入れて生きていくしかない。

世界各国のリーダー、専門家、その他様々な分野の知識人、著名人などなどが、共通認識として、目には見えない「微生物との共生」をこれからの常識にしていこうとしなければ、きっとそうなります。

そこら辺を訴える(もうちょい目つきのイイ)グレタさん的な若者が出てきてくれると、少しはそんな流れに変わるかもしれません。

ア、あと未来のために今やっといた方がいいのは、感染者の腸内フローラの分析。

死亡者、重症患者と軽症患者で傾向がハッキリ出ればそれがエビデンスになって、社会の風向きも変わるかもしれません。

今の状況じゃムリでしょうけど、無症状の感染者のも分析した方がホントはいい。

ではまた。

お役立ちアイテム一覧

iHerb.com - ビタミン・サプリメント & 天然健康製品 - iHerb
30,000以上のトップクラスでしかも評判の良い、健康的な商品; 配送費の割引や、信じられないほど嬉しい低価格とお客様による紹介プログラム。
BioSchwartz, アドバンスド ストレングス プロバイオティクス、400億CFU、60粒
California Gold Nutrition, LactBif(ラクトビフ)プロバイオティクス、50億CFU、植物性カプセル60粒

コメント

タイトルとURLをコピーしました