マスクをやめない人たちが「ゴキブリ牛乳」を「当たり前」に変えていく

コロナ

さてとポテト。

今の世をフツーに生きてる人たちは、コロナのアレコレを信じていない人に対して、「なんでわざわざそんなつまんないことばっかり考えるんだろ?(ついでに)キショ」

なんて感じで、ハンディ扇風機片手にスマホでYouTubeでも見てるんだろうと思います。

シンプルに答えると、今そんな人たちが「当たり前だと思ってる自由」が奪われていくのが見えるから。

この流れのままなら、「当たり前だった自由が奪われて、やりたくないことを強制される(大切ななにかと引きかえにされる)社会」がすぐそこに待ち受けてる(ってゆーか少しずつそうなってる)のが分かるからこそ、マジ面で抵抗の意志を表明するんです。

笑いたいけど笑ってられないんですって。

マスクしなきゃ乗り物に乗れない遊園地とかさ。

んで、もうそろそろ「言うこと聞かなきゃまともな生活ができない社会」になるのよ。

最安の加工食品を奪い合い、それがイヤなら虫を食わされる日常がさ。

まともな食べ物は、言うこと聞かないヤツと貧乏人には回ってこない。

ワタクシ始め、両方を兼ね備えた「言うこと聞かない貧乏人」が食べられるものはどんどんなくなっていんですハイ。

みんなが「お肉」と呼ぶものは、「芋虫やコオロギの練りもの」となり、ミルクといえば「牛乳」ではなく「ゴキ乳」になるんです。

99%の人がマスクをしていることが「当たり前」になるように、それくらいすぐ当たり前になるんです。

するんだよ、あんたらが。

「意外とおいしいよね」って。

日々のちょっとした違和感なり抵抗感を「まぁいっか」で受け入れて生きてたら、いつの間にかそうなるんだって。

さも自分たちで選んだかのように。

実際、マスク見りゃ自分らで選んだと言われてもしゃーない状況になってる。

その渦中にいる自分らが、未だになんにも気づいてないんだからホントに始末が悪いとしか言えない。

どんな形であれ、「陰謀論」的な話があること自体は、たいがいの人が知ってるワケですよ。

それを、伝える側の意図どおりに、陰謀論と鼻で笑うだけなのか、疑問を持って自分で調べるのか。

それだけのちがいで、進む方向がまるで変わる。

先見ようや。

先見ないで周りばっか見て。

まぁコト細かに書いたところで、解ってる人にしか届かないので、こんなのなんの意味もないんですがね。

なんだろう、結局どっかで「自分ごと」として捉えられる瞬間がなければ、誰になに言われたって、どんなデータ突きつけられたって、なんも伝わらないんですよね。

多分もうね、フツーに「コロナはウソです」ってニュース流しても、みんなマスク外しませんよ。

「コロナってウソだったらしいね」って、マスクしながら言い合うだけ。

あー哀しい。

一個でも自分で答えを求めて、その道中で「おかしいな??」ってとこに自分でぶつからなきゃ心に入っていかない。

いやツラい。

ツラいわ。

身近な人がダマされてるのを「ダマされてるよ」って教えてあげても、ダマされてる人はダマしてる人を信じてて、なんならこっちは変人扱いされちゃう。

いい加減キツいって。

んで自分のスタンスをはっきり表明できないヤツばっかだしな。

ナチスを受け入れてたくせに、「悪」と確定したとたん糾弾しだすようなことやるんだよ、そういう人たちは。

「おかしいと思ってた!」なんつってさ。

たいして考えないで生きてれば、より考えてる人の都合のいい方向に持ってかれるってことぐらいイメージしてほしい。

他人事に見えてる今まさに、自分や自分の身の回りの人が巻き込まれてることを感じとってほしい。

せめて自分から渦の中に飛び込まないでほしい。

な~んていくら切実に書き連ねても、届けたい人には届かないこの虚しさよ。

ってなとこで。

じゃ、おやすむ~!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました