ごあいさつ

病院に「生きづらい科」はありません。ってことは、特効薬もエビデンスの確立した情報もありません。自分の生きづらさは自分でどうにかするしかないのです。「いきづらいいとも!」があなたの生きづらさ解消の手がかりになれれば幸いです。

あなたの生きづらさが、誰かの生きづらさ解消につながります。吐き出すだけでも軽くなります。ぜひ「あなたの生きづらさ」をお寄せ下さい。

お問い合わせページへ

スポンサーリンク

鈴木だらけの世の中で他の鈴木との差別化に必要なこととは

私は高校中退です。一年生の時は普通に通ってなんとなく過ごしました。が、元々なんのワケもなく 「大学なんて行ってたまるかよ!」 と思っていたこともあり...
スポンサーリンク