ごあいさつ

病院に「生きづらい科」はありません。特効薬もエビデンスの確立した情報もありません。

当サイトは、よくある情報まとめサイトでなく、「生きづらい人」による「生きづらい人」のためのオリジナルメディアです。

あなたの生きづらさが、誰かの生きづらさ解消につながります。吐き出すだけでも軽くなります。ぜひ「あなたの生きづらさ」をお寄せ下さい。

お問い合わせページへ
スポンサーリンク
生きづらさ

リアルが生きづらい人の[フォロワーが少なくても反応される]ツイッター活用法【具体的な実例編】

どうも、鈴木やすむ[@suzukiyasumu]です。 二本立て記事の二本目です。 前回で本質的な部分を踏まえてもらって、今回は「フォロワーが少なくても反応される方法」の実例などの他、具体的にどんな使い方をすると疲れず自...
生きづらさ

リアルが生きづらい人の[フォロワーが少なくても反応される]ツイッター活用法【本質編】

どうも、最近やっとツイッターを面白がれるようになってきた、鈴木やすむ[@suzukiyasumu]です。 最近やっとってことは、今まではずっとムリしてたってことですハイ。 ってゆーか、今だって「気持ち悪いな、俺」と思いながらやっ...
生きづらさ

ニートに告ぐ。「働きたくない」でいいから自殺の前に部屋の中で動き回れ

どうも、元ニートの鈴木やすむです。 25年前、ニートでした。 私は運よく抜けられましたが、足立区民なので身近に本格的なニートが二人いて、一人は8年ほど前に33歳で亡くなり、もう一人は、もはやニートを通り越し、街の名物っぽいアブナ...
生きづらさ

なんとなく生きづらい人が日本社会に蔓延してることが大問題。生きづらさは程度の問題ではない。

どうも、いつもなんとなく生きづらい鈴木やすむです。 「生きづらいいとも!」にリニューアルして半年ほど、テーマをひとつに絞って見えてきたことがあります。 それは、自分より生きづらい人たちが山ほどいるということです。 と同時に...
中年

ダウンタウンと生きづらさ 〜アラフォー男はだいたいダウンタウン症候群〜

どうも、ごっつ世代の高校中退、鈴木やすむ41歳です。 夢で逢えたら、ガキの使い、ごっつええ感じ、この辺りを多感な時期にリアルタイムで体感していた方なら、多かれ少なかれダウンタウンの影響を受けてきたのではないでしょうか? モチのロ...
生きづらさ

【底辺職場の老害対策】陰険な老人とのトラブル事例報告 ~僕とジジイの日経古新聞ウォーズ~

どうも、ビルの受付係、鈴木やすむです。 相変わらず、掃除のジジイと静かなバトルを繰り広げております。 リンク先と重複する部分が多々ありますことをご了承下さいまし。 改めてジジイ紹介 私の勤務先には、受付係の私の他...
生きづらさ

【お金2.0】は「働きたくない」「生きづらい」が異常でなくむしろ先進的な本能であることを裏付けてくれる本

どうも、お金は最低限(とちょっと)でいいと思っている鈴木やすむです。 おじさんになるにつれ、本をよく読むようになりました。 【お金2.0】という、これからのお金についての本を読んだところ、タイムバンク(時間を取引するサービス)な...
健康

23年しびれ続けて分かった。坐骨神経痛の原因はヘルニアではない。慢性痛には薬も治療も病院も整骨院もいらない。

どうも、坐骨神経痛の慢性的な腰から足先までの鈍いしびれが治ってきてる、鈴木やすむ41歳です。 18の夏、腰にピリッと違和感を感じてから早23年、ついにここにきてかなり症状が改善しています。 どうやら、坐骨神経痛(原因不明の慢性の...
スポンサーリンク